Master Lock
Master Lock Safety Solutions
製品
新製品
製品サポート
カスタマーサポート - グローバル
Master Lock セーフティについて
Master Lock 製品サーチ
3つのサーチ方法
アプリケーション
実行
製品カテゴリー
実行
製品番号
実行


Master Lock® について

Master Lock ライオン1919年、鍵職人で発明家だったハリー・ソレフは考えました。銀行の金庫室のドアや戦艦が、強度を上げるためにラミネート加工された鋼鉄の層で作られているなら、パドロック (南京錠) を同じ方法で作ってみてはどうだろうか?

当時、ほとんどのパドロックは空洞で、ハンマー等の物理的な力によって簡単に壊すことができました。

この優れたパドロックをハードウェアの製造会社に売るというのが、ハリーのアイデアでした。 しかしながら、最初の設計および試作品に必要な部品の数と製造の工数に、それを見たエンジニアや特許弁理士、製造業者は皆、呆れました。 当時のロックやハードウェア会社は、ハリーの画期的なアイデアをまったく相手にしなかったのです。歴史的な建物

彼は自分の考えるラミネート加工されたパドロックが優れており、効率的な製造も可能であるとひたすら信じ、周囲からの拒絶は気にしませんでした。 1921年、ハリーは、 Master Lock 社をP.E. ヨールズとサム・スタールという 2 人の友人から金銭的協力を得て、設立しました。 1924年までに、ラミネート加工された初のパドロックを発明して特許を取得しました。

これら最初のパドロックは、ボール盤と研磨機、穴あけ機、そして従業員5人のいる小さな商業ビルの一室で製造されていました。 資金や設備、規模が十分でなかったにもかかわらず、この小さな会社が作った製品は、当時の市場に出回っていたどの製品よりも格段に性能が良いことが分かりました。

列車これらのロックは頑強であっただけでなく、重量でも他のパドロックを上回っていました。 これが予期しなかった強みとなりました。 その重みが、より優れた強度を示していると人々は考えたからです。 ハリーと Master Lock にとって風向きが良くなりました。彼はすぐに一部屋のみの工場から、禁酒法時代に貸し出されていた廃れたパブスト醸造所に引っ越しました。

皮肉なことに、禁酒法は新しい製造工程に一役買っただけでなく、最初の注文の多くに貢献しました。 1928年2月20日、147,600個のパドロックを積んだコンテナがニューヨーク市の連邦捜査員に向けて出荷されました。これらのロックは、禁じられた酒類を引き続いて提供したり販売していた施設の多くを閉鎖するために使用されたのです。

ロックの品質が非常に高かったため、 Master Lock には、まもなく全国の他の連邦捜査官からも大量の追加注文が入るようになりました。 Master Lock は活況を呈するビジネスとなり、程なく世界最大のパドロック・メーカーに成長して、そのステータスを現在も維持しています。ハリー・ソレフ

1931年、1931年、ハリーは全米マスターロックスミス協会から、過去50年間で最も偉大なロックを開発したとして、唯一の金メダルを受賞しました。 Master Lock で過ごした年月のなかで、彼は世界で第一線に立つロックの権威の 1 人となりました。 故ハリー・フーディーニが、ハリーに相談するためミルウォーキーを訪れたこともありました。彼は舞台の演出で使う、手錠抜け用のキーについて知りたかったのです。 2 つの世界大戦で、ハリー・ソレフは軍のセキュリティ・コンサルタントを務めました。 第一次世界大戦では、戦車を保護する特殊なパドロックを開発しました。

1939年末までに、 Master Lock は現在のウィスコンシン州ミルウォーキーの2600 N. 32nd Street に本社と製造施設を移しました。

Master Lock 社ハリーは新しいロックの開発および既存のロックの生産改善を続けました。 長年の試行錯誤の末、彼は自身が開発したダイヤルロックのひとつに改良を加えることを思いついたのですが、それは従業員を困惑させ、工場を停止寸前まで追い込みました。 彼が通常の製造方法とは対照的に、ロックを逆順に組み立てるよう命じたからです。

しかしこの工夫によって、このロックの組立てが簡単になっただけでなく、製品自体も大きく改善されました。 また、よく電灯のスイッチのひもに使われる数珠状のチェーンをキーホルダーとして使用したのは、ハリーが最初です。

1957年3月、短い闘病生活を経てハリー・ソレフは永眠しました。 彼の想い出は、彼の家族や仕事仲間、数え切れない友人たちの心にいつまでも残ることでしょう。 そして、ハリーが創立した素晴らしい組織と、ロック産業への数多くの貢献は、彼のクリエイティブな才能の記念碑としてその姿を残すことでしょう。Fortune Brands

ハリーの長年の友人であり、元々の投資家であるサム・スタールは1964年に亡くなるまで、後継者として社長を務めました。 3 人の主要な投資家がこの世を去った後は、ソレフ家が同社を管理するようになりました。 その6 年後に Master Lock は Fortune Brands (旧社名 American Brands) の子会社となりました。 現在 Master Lock は、Fortune Brands Home & Security の一部門として事業を行っています。

所有者の交代にかかわらず、当社は画期的な製品を生み出すという伝統を守り続け、絶え間ない製造工程の改善にこれまで通り力を注いでいます。

Master Lock Safety Solutions Master Lock Safety Solutions 懸賞